読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prp

マダム・タッソーの歴史




250年以上もの間、毎年何百万人もの人が世界中のマダム・タッソーを訪れ、昔も今もその人気は不動のものです。この大成功にはさまざまな理由がありますが、その中でも「常に興味をそそるアトラクションであり続ける」ということが一番の成功の秘訣といえるでしょう。

マダム・タッソーの創始者マダム・マリー・タッソーは、フランスのストラスブールで誕生。出生名はアンナ・マリア・グロシュルツ。母が、医師であり、ワックスフィギュアの製作者としても名高いドクター・フィリップ・クルティウスの家で家政婦として働き、ワックスフィギュア製作の技術を学ぶ。

Punch Magazineという出版社がマダム・タッソー館のセパレート・ルームという凶悪犯罪の被害者や死刑執行人、殺人犯やその他の罪人たちの人形が置いてある部屋を「恐怖の部屋」と名付け話題となる。

☆ジャッキー・チェン誕生日割☆
4月7日はジャッキー・チェンの誕生日。

誕生日を記念しキャンペーン期間中、ジャッキーグッズをマダム・タッソー東京入口でご提示いただき、”ジャッキー誕生日割希望”とお伝えいただくと、当日入場券を500円割引いたします♪

期間:2015年4月4日(土)~4月12日(日)

※前売券、他割引との併用不可

※当日券より500円OFF

※4月4日お台場シネマメディアージュで実施されるドリパス・ジャッキー・チェン壇上日記念映画のチケット画面のご提示をされても割引いたします。

※窓口で、お誕生日が証明できるものをご提示ください。ご本人のみ有効です